<派遣>リクルート、スタッフサービス買収

<派遣>リクルート、スタッフサービス買収の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<派遣>リクルート、スタッフサービス買収
どっちが、どっちを買収しても同じ。
結局、本来の「派遣」の意味と意義を履き違えた、今の「派遣」は、問題だらけ。
根本的な解決と対策が、早急に必要!

下記記事引用iza!産経新聞
リクルート、スタッフサービス買収

人材・情報サービスのリクルート(東京都中央区)が、人材派遣最大手のスタッフサービス・ホールディングス(東京都千代田区)を買収する方向で最終調整に入ったことが20日、分かった。買収額は1700億円程度とみられる。週内合意をめざしており、実現すれば、2位のパソナグループを引き離し、人材派遣で国内最大勢力となる。
 人材派遣業界は、雇用形態の多様化を背景に拡大し、年間4兆円市場になった一方で、成長の鈍化も指摘されている。このため、リクルートは今回の買収で、規模とサービスの両面で競争力の強化を狙う。
 非上場のスタッフサービスは、売上高3234億円(平成18年度)で業界首位。創業者の岡野保次郎会長が発行済み株式の約80%を保有しており、リクルートに対し、株式をすべて売却する見通しだ。
 一方、同じく非上場のリクルートは、求人広告や転職支援などの人材紹介サービスで国内有数の規模を持つが、グループのリクルートスタッフィングを核にする人材派遣事業は、売上高2054億円(平成18年度)で業界5位。
 スタッフサービスの買収で、売上高は5000億円を超え、業界2位のパソナグループ(平成18年度売上高2312億円)の2倍以上の規模になる。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。