動画・消えた姫路モノレールをさがせ!!

動画・消えた姫路モノレールをさがせ!!の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動画・動画・消えた姫路モノレールをさがせ!

あった!あったぁー!
橋脚だぁ~。
では、本体は?どこ?どこ?
つたに覆われたこの建物の地下に。。。
あった!!
そのまんま!
当時のまんま!4台すべて残っていましたぁ!
座席は、赤い色。カーテンもそのまま。
天井には、扇風機も。


世界最古の鉄道映像
湘南モノレール


姫路モノレールをさがせ!


乗ったことある人にとっては、懐かしいでしょうね。
この動画がきっかけで、公開になったのかな?


北九州モノレール

新着トピックスも読んでね。

下記記事引用iza!産経新聞
「姫路モノレール」一般公開へ
“昭和の遺物”が鉄道マニアの聖地になる? 兵庫県姫路市は、昭和41年に東京モノレールに次いで全国2番目のモノレールとして開業し、わずか8年で廃止した「姫路モノレール」の旧手柄山駅舎の改修に新年度から着手、平成23年の完成後に一般公開することを検討する。プラットホームとモノレール車両は当時のまま保管されており、“半世紀早かった”といわれた姫路モノレールの公開が実現すれば、鉄道マニアらの人気を集めそうだ。
 旧姫路モノレールは、国鉄(現JR)姫路駅近くから、手柄山公園のある手柄山駅までの約1・6キロを5分で結んだ。当時としては斬新なアルミ合金製の車両と、当時最先端技術だった自動列車停車装置(ATS)を備え、「次世代の交通」としての呼び声も高かった。しかし、高額な運賃や短すぎる営業区間などから利用客が伸び悩み、わずか8年で廃止に追い込まれた。
 改修が決まった旧手柄山駅舎は鉄筋コンクリート3階建てで、昭和39年に完成。廃止後は駅舎2、3階部分を園芸技術の研修等施設「緑の相談所」として再利用しているが、1階には駅プラットホームや車両整備スペース、4両のモノレール車両などが当時のま保管されている。廃止とともに撤去される予定だったが、莫大(ばくだい)な費用がかかるため取り壊されず、“巨大なお荷物”として残された。
 しかし、廃止後も鉄道マニアや写真家らの間で根強い人気があり、モノレール車両の見学を望む声は今も多いというが、市は現在、施設の老朽化など安全上の理由から公開していない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。