シーラカンスのタイ焼き発売。こわごわ、頭から食べるかな?

シーラカンスのタイ焼き発売。こわごわ、頭から食べるかな?の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シーラカンスのタイ焼き発売。こわごわ、頭から食べるかな?

じっと見ると、ちょっと引くかも。。^^;
北海道小豆のあんならいいけど、中国製だったら、いやだなぁ~。

「アクアマリンふくしま」では、インドネシアシーラカンス標本展示再開決定したそうです。
2007年5月19日、インドネシアのマナド沖で捕獲されたシーラカンスで、インドネシア国外で紹介されたのは世界で初めてとのことだそうです。期間は 2008.3.26~2008.6.29

この春休みにでも「ごんべ焼」を食べながら、本物のシーラカンス標本見物としゃれこみますか?


シーラカンスの謎


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080322-00000070-mai-soci
<雑記帳>シーラカンスのタイ焼き発売 いわき市の水族館
3月22日20時0分配信 毎日新聞



アクアマリンふくしまで発売された「ごんべ焼」=2008年3月22日、田中英雄撮影

 ◇福島県いわき市の水族館「アクアマリンふくしま」は22日から、シーラカンスをデザインしたタイ焼き風の「ごんべ焼き」の発売を始めた。口を大きく開け、目はグリーンピースで、独特な風貌を再現した。

 ◇同館はシーラカンスの生態調査に取り組んでおり、安部義孝館長が「幻の古代魚を身近に感じて」と、金型を特注し商品開発した。名前はシーラカンスの別称「ゴンベッサ」から名付けた。

 ◇1個300円のごんべ焼きは、しっぽまで粒あんがぎっしり。「生きた化石」と呼ばれるだけに、手にとればあんと時の重みを感じられる?【田中英雄】

最終更新:3月22日20時30分

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。