甲子園でのラブシーン、その悲しい結末は?

甲子園でのラブシーン、その悲しい結末は?の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甲子園でのラブシーン、その悲しい結末は?
あの「お熱いバッテリーのキス」が禁止になったんだって。
なんか、かわいそう。

私的には、「ほろ苦い青春の思い出」ということで、
あんまり、厳しくするのは、どうかなぁ~って思うんですが。
それに、あれって、若者の間では、ものすごい、話題になったし、
また、キスするかもって、そわそわしながら、智弁和歌山の試合見たしね。^^;
普段、野球なんか見ない人が(笑い

智弁和歌山バッテリー 魔法のキス


関連記事↓
<画像>高校野球・ほおにキス!きゃーー!甲子園のマウンドでーー!!
智弁和歌山の捕手が投手に


http://news.livedoor.com/article/detail/3584832/
【Sports Watch】甲子園でのラブシーン、その悲しい結末は?
沖縄尚学が9年ぶり2度目の優勝に輝いた第80回選抜高校野球大会。今年も熱戦に次ぐ熱戦、そして番狂わせの連続もまた、甲子園を盛り上げる要因となった。
さて、甲子園を盛り上げた要因といえば、智弁和歌山バッテリーも忘れてはならない。3月30日に行われた3回戦・宇治山田商(三重)戦で、8回ピンチの場面に、捕手・森本が投手・林の頬にキスをして話題になった“甲子園ラブシーン”だ。
そんな純愛バッテリーの結末は、2日の準々決勝で東洋大姫路(兵庫)に敗れただけに留まらず、高野連からも注意を受けるという厳しいもの。当初は、林をリラックスさせるための「おまじない」だったキスも、全国にその模様が流れたことで高野連に苦情が殺到。事態を重くみた高野連が智弁和歌山に注意を促したのだ。
これにより、智弁和歌山の三宅修二野球部長は「今後一切、そういう行為はやめるように言いました。相手に失礼」 とのコメントを残し、バッテリーに“キス禁止”を命じていた。
敗戦後、渦中の捕手・森本は「キス禁止?それは関係ありません。僕が攻守で流れを悪くしてしまった」とがっくりうなだれたが、思春期の高校生にとっては何ともつらい“キス禁止”令だったか。
【Sports Watch】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。