インディ・ジャパン初の女性優勝インタビュー動画

インディ・ジャパン初の女性優勝インタビュー動画の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インディ・ジャパン初の女性優勝インタビュー動画 
ダニカ・パトリックは車を降りると、母・ベブさんと固く抱き合った。
モータースポーツの新たな歴史が日本で刻まれた。 
感激で、泣いてます!
美人ね~♪
天はニ物を与えずどころか、3ブツも、4物も与えるんですね。
きっと、ブレークしちゃうね。
テレビ局やら、芸能界、引っ張りだこになるでしょうね。

おめでとうございます。




http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/
sports/other/139189/
“偏見”打ち破り初の女性優勝 インディ・ジャパン
モータースポーツの新たな歴史が日本で刻まれた。パトリックは車を降りると、母・ベブさんと固く抱き合った。
 燃費を抑えてピットインを減らす作戦が的中。先頭集団が給油するのを横目に残り3周でトップに立ち、そのままチェッカーを受けた。2005年に鳴り物入りでインディカーに昇格してから、ちょうど50戦目。「長かった。いつ優勝できるかって、何百回も聞かれたわ。もう、この質問に答える必要がないと思うとホッとする」
 本人は「女だから、という意識はない」というが、注目を利用しようとする者、それに対する反発から冷たい視線を向ける者は多かった。数々の偏見にさらされてきたが「男以上に勝ち気」といわれる精神力で、ついに頂点に立った。
 「好きなことを見つけて、人生のすべてをささげられれば、必ずトップになれるはず」。世の女性へのメッセージを求められると、晴れ晴れとした表情で言い切った。
(只木信昭)
【用語解説】ダニカ・パトリック
 1982年3月25日、米ウィスコンシン州ベロイト生まれ、26歳。レース好きの父の影響で10歳でカートを始め、16歳から英国でレース武者修行。帰国後、下部レースの参戦を経て2005年にインディカーシリーズに昇格した。同年のインディ500では女性で史上初めてトップを走るなど活躍し、新人賞獲得。通算ポールポジション獲得回数は3。夫は元担当フィジカルセラピストのポール・ホスペンタル氏。
【用語解説】インディカーシリーズ
 F1などと同じフォーミュラカー(単座、屋根なし、タイヤむき出しの競技専用車両)による米国最高峰のレースシリーズ。中心となるインディアナポリス500マイル(インディ500)はF1モナコGP、ルマン24時間耐久と並ぶ世界三大レースの一つで、決勝日入場者数約40万人は単日開催のスポーツイベントでは世界最大。今季のシリーズは全16戦で、インディアナポリスやもてぎのようなオーバル(楕円形)コースのほか、F1同様のロードコースでも行われる。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。