せんとくんにライバル?「イワミン」が人気。激、かわゆす!までは行かないけどぉ~

せんとくんにライバル?「イワミン」が人気。激、かわゆす!までは行かないけどぉ~の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080520-00000946-san-soci
せんとくんにライバル?「イワミン」が人気。激、かわゆす!までは行かないけどぉ~

インパクトはないけど、普通に可愛い。合格レベルかなぁ~。
これなら、子供は泣かないんじゃない?
せんとくん、きもくて、近所の子、ほんとに泣いたもん。

埴輪の目は細くて無表情なので、ちょっと丸くしてかわいくデザインしたそうで、目が大きすぎると埴輪のイメージを損なうので、バランスが難しかったらしい。
これからは、歩いていたりおじぎをしていたり、いろんなポーズのイワミンが登場するようだ。
乞う、ご期待!というところかな。

関連記事&動画↓↓
せんとくんに対抗 独自キャラ続々!にうれしい悲鳴。平城遷都1300年祭


せんとくんに強敵!? 奈良・橿考研の「イワミン」が人気
5月20日13時45分配信 産経新聞
埴輪をモチーフにした「イワミン」
 奈良県内で出土した人物埴輪などを展示している県立橿原考古学研究所付属博物館(橿原市畝傍町)の春季特別展「はにわ人と動物たち」(6月15日まで)にちなんで、スタッフがデザインしたマスコットキャラクター「イワミン」が、来館者の人気を集めている。キャラクターグッズの売れ行きも好調で、「(平城遷都1300年記念祭のマスコットキャラクターの)せんとくんよりずっとかわいい」との声も。温かいイメージを持った古代の使者は、せんとくんにとっては強力なライバルになりそう!?
イワミンは、三宅町の石見遺跡で出土した、いすに座る男子像埴輪がモデル。この埴輪は、全身がほぼ製造当時の状態で残っており、りりしい目や豪華ないすが、王者の風格を表現している。
同博物館の松田真一館長が「子供たちにも親しみやすいように」と埴輪のマスコット化を発案し、古代人の生活をイラストで再現している同研究所補助員の佐々木玉季さんに製作を依頼した。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。