日本経済<4月景気動向指数>下降局面。お財布ひきめなきゃ><

日本経済<4月景気動向指数>下降局面。お財布ひきめなきゃ><の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080605-00000014-mai-pol
日本経済<4月景気動向指数>下降局面。お財布ひきめなきゃ><

年初から言われていた通りになってきているようです。
景気悪化に、物価高。つまり、スタグフレーション。ひしひしと実感しています。
ますますお財布の紐をしめなければ。。でも、そうすると、更に景気に悪影響が出るんでしょうね。
政府の政策にも期待できないし。。
あ~、どうしたらいいのよ!orz

子年は、繁盛?どうなる08年の日本経済&株 つまり、スタグフレーション(景気が悪く、物価が上がる)になることが予想されるようです。


<4月景気動向指数>下降局面を示唆 内閣府
6月5日2時31分配信 毎日新聞
 内閣府が9日に発表する4月の景気動向指数(速報値)で、景気の現状を示す一致指数による景気の基調判断を、「弱含み」から「局面変化」に下方修正する見通しとなった。景気拡大局面が4月以前の数カ月の間に頂点(山)を迎え、局面が変化して、景気が下降する後退局面入りした可能性が高いことを暫定的に示す。政府として初めて、02年2月に始まった戦後最長の景気拡大期の後退局面入りの可能性を示唆する内容となる。
 原油・原材料高を背景に、鉱工業生産指数や企業の営業利益などの指標が悪化し、一致指数は3、4月と連続して低下する見通し。5月以降も低下基調が続けば、内閣府は、基調判断を「悪化」に変え、「景気後退の可能性が高い」との判断をより強める。
 正式な景気の「山」「谷」の判断は、内閣府が景気動向指数をもとに精緻(せいち)な計算を行い、学識経験者の意見も踏まえたうえで、転換点とみられる時期から1年以上後に決めることになる。【尾村洋介】

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。