「初めてのみつばち」えっ!?自宅で飼えるの?

「初めてのみつばち」えっ!?自宅で飼えるの?の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「初めてのみつばち」えっ!?自宅で飼えるの?

ミツバチ飼いませんか ガイドブック「庭で飼うはじめてのみつばち」

趣味で養蜂を楽しんでもらおうと、京田辺市花住坂1丁目のフリーライター 和田依子さん(44)がガイドブック「庭で飼うはじめてのみつばち」(山と渓谷社刊)を出版した。養蜂の世界やミツバチの飼い方を写真やイラストで分かりやすく紹介。
「はちみつの日」の8月3日午後2時から、中京区の京都万華鏡ミュージアムアートギャラリーで出版記念イベントをする。和田さんは10年以上、全国の養蜂家の取材を続けてきた。06年に出版社から
依頼を受け、「自然が好きな人や、屋外で何かするのが好きな人にも養蜂に興味を持ってほしい」と、ミツバチやハチミツのことや養蜂を始めるのに必要な情報などをまとめた。



庭で飼うはじめてのみつばち

趣味で養蜂を楽しんでいる人の暮らしや採蜜方法、ミツバチの巣の材料になるろうを使ったキャンドルなどを紹介。ハチミツのできる花図鑑に加え、日本ハチミツ生産地マップも掲載した。
全国各地の養蜂体験施設やハチミツなどの直販所も取り上げ、多くの人がミツバチの世界を楽しめるように工夫した。ミツバチを研究している中村純・玉川大学教授の監修を受けた。
和田さんは「ミツバチを怖いものと思わず、奥深い世界を身近に感じてもらいたい」と話す。A5判、税込み1890円。
出版記念イベントでは、取材の裏話や掲載しきれなかった写真を紹介する。
約20種のハチミツやハチミツの酒「ミード」の試飲もある。
参加費3千円(出版本1冊、国産ハチミツ1個をプレゼント)、中学生以下千円。
申し込みは氏名、住所、電話番号などを書いてファクスでハチミツ専門店「ミール・ミィ」
http://mytown.asahi.com/kyoto/news.php?k_id=27000000807300004


養蜂家って、新鮮な蜜を求めて、全国を移動しながら、蜜を採取するんじゃなかったの?
まさか、自宅でも飼える方法があるなんて、びっくりです。
新鮮な蜜が、ただで食べれて、美容と健康、バッチリ!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。