試着室で鏡に映る自分を見て落ち込む女性たち…米国

試着室で鏡に映る自分を見て落ち込む女性たち…米国の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試着室で鏡に映る自分を見て落ち込む女性たち…米国

服を試着する女性の多くは、鏡の中の自分にがっかりしているという調査結果を、「フィットネス」誌が発表した。

USAトゥデイによると、18歳以上の女性1001人を対象に実施した調査では、全体の88%が「洋服を買いにいくといつも自分の体型を再認識する」という。「体のどこか1カ所を変えられるなら」という質問に対し、42%は「腰」、23%は「おしりと太もも」、それぞれ10%が「おしり」「胸」、4%が「腕」と答えた。
59%は(仕切りのない)共同試着室は絶対に使わないと答え、64%が服を買うことは自信喪失につながると考えている。80%は30ポンド以上減量したいと思っており、10%は更衣室で泣いた経験があった。
また、41%は買い物の後にエクササイズを始めた、と答えた。
フィットネス9月号に掲載されているその他の調査結果は以下の通り。
39%は、「いつの日かやせたら似合うはず」と願いつつ、小さすぎる服を買ったことがある。
62%は、はけなくなったジーンズを持っている。
34%は体型が理想の状態の時だけ着る服を持っていて、51%は「太った」と感じる時に着る服を準備してある。
14%は自分のサイズを知られたくないために販売員の助けを断ったことがある。
にもかかわらず、全体の
79%は自分のサイズについてうそをついたことがないという。
15%は、試着した服が小さすぎて破けたり脱げなくなったりした経験がある。
http://www.usfl.com/Daily/News/08/08/0827_030.asp?id=63389

分かる!
分かりすぎて、こわい^^;
で、最近は、試着もしないで買っちゃう♪
いつか着られるだろって思って。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。