【台湾】2011年最高に幸福な出来事は? 1位「日本への義援金が世界一になったこと」

【台湾】2011年最高に幸福な出来事は? 1位「日本への義援金が世界一になったこと」の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾】2011年最高に幸福な出来事は? 1位「日本への義援金が世界一になったこと」

台湾の華視新聞とYAHOO奇摩が共同で行った調査によると、2011年の最高に幸福な出来事の第1位が、
東日本大震災に対する台湾からの義援金額が世界でもっとも多かったことだった。第2位は王健民選手が
メジャーリーグで大復活を遂げたこと、第3位は映画Seediq Bale (セデックバレ)が海外で注目されたことだった。
台湾の華視新聞が12月31日付で報じた。

  日本の東日本大震災に対し、台湾人は大きな愛を示し、寄せられた義援金額も世界でもっとも多かった。
記事では、台湾に感謝を伝えるため多くの日本人が台湾を訪れ、なかには海を泳いで感謝を伝えに来た人もいたことに言及。

  記事は「台湾人にとって2011年でもっとも幸福な出来事で1位になったのが、『台湾人の愛』であり、
受けるよりも与える方が幸福ということで、この愛が台湾人を幸福にさせたのだ」とした。

  第2位が、台湾の光とも言われる背番号40を付けた王健民選手がメジャーリーグで再び見ることができたことで、
420票を獲得した。野球ファンは昨年、メジャーリーグに彼が戻ってくるのを心待ちにしていたが、
王健民選手はその期待を裏切ることはなかった。見捨てないことも一種の幸福であり、
王健民の復活は台湾の野球ファンの自信をも復活させたと述べている。

第3位は、台湾映画の復活で、374票を獲得。日本統治下で起きた霧社事件を描いた映画Seediq Bale 
(セデックバレ)が国際的に名を挙げた。この映画はすべてMADE IN TAIWANで、これが台湾の誇りであり、
昨年の台湾の幸福な出来事だと結んでいる。(編集担当:及川源十郎)

ソース サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0101&f=national_0101_026.shtml


台湾さん、ありがとう!!


ちなみに、義捐金のランキングは、以下の通りです。

台湾 約3億368万円
アメリカ・カナダ 約6,534万円
タイ 約1,600万円
香港 約1,188万円
シンガポール 約1,127万円
マレーシア 約528万円
ハワイ 約418万円
メキシコ 約387万円
インドネシア 約293万円
韓国 74万円


アメリカ、カナダ連合よりも、ダントツで多い、桁違いの金額です。
しかも、アメリカ、カナダの合計よりもこんなに人口も少ないのに。


台湾
人口 23,146,000人
面積 35,980 km2

アメリカ
人口314,659,000人
面積 9,372,615km2

カナダ
人口34,127,000人
面積 9,984,670km2


どれだけすごいことかよく分かりますよね。
感激で、涙が出そう。

台湾の冷凍ほうれん草とか枝豆とかは、ほぼ毎週買ってますよ。
これからも、買い続けるし、台湾行って、
現地の餃子とか食べたいなぁ。

よし、行くぞ、台湾

我愛台湾。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。