亀田一家、親子の絆は切れず。またTBSのお詫びは?

亀田一家、親子の絆は切れず。またTBSのお詫びは?の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
亀田一家、親子の絆は切れず。またTBSのお詫びは?

亀田史郎氏は、辞任したとしても、今後も、亀田3兄弟の父であることに
変わりはないし、家庭での精神的影響は避けられないと思います。
ジムから帰れば、そこには、今まで、子供の頃から慕い、尊敬し、敬愛した父がいる。
興毅も、会見で、はっきりと、父を「世界一のおやじ」と言ってますし、
普通の日常会話で、当然、ボクシングの話は自然に出るだろし。
その点、今後、自分なりのボクシングを作っていくと会見で言った興毅は、
どういう折り合いをつけていくのか、注目したいです。

ところで、今回、謝るべきは、亀田親子のほかにもいると思うんですが。
つまり、この亀田騒動をしかけたTBSです。
亀田親子は、金になると思い、裏で画策し続けたTBS。
また、ボクシングWBCフライ級タイトルマッチの放送も、
亀田大毅贔屓で、聞き苦しかったし。
しかし、試合が終わり、世間の流れが、亀田批判に傾くと、手のひらをかえしたように、
急に、亀田を責め始める。一体、どういう放送局?
どうして、ここまで堂々と知らん顔を通せるのか、怖ささえ感じます。

もしかして、今後も、亀田史郎氏と組み、金儲けをたくらんでるのかしら?
だって、史郎氏は、たとえ辞任しても、個人的には、例えば、
裏でいくらでも、亀田兄弟に付いて、コントロール&活動できるんじゃないかしら?
この点素人よく分からないんで、間違ってたらすみません。

なんだか、私的には、まだすっきりしていない感じです。

下記イザ!様より引用
世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで反則を繰り返した亀田大毅(18)=協栄=らがライセンス停止処分を受けた問題で、兄の興毅選手(20)が26日、東京・協栄ジムで謝罪会見を開いた。
 会見予定の午前9時より10分遅れで登場した興毅選手は反省の意を表したのか、丸坊主。興毅選手は「ご迷惑をおかけして申し訳ない。まずは(対戦相手の)内藤大助選手に謝りたい。亀田家代表としてボクシング関係者、ボクシングファンにお詫び申し上げたい」と話した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。