ふわ~り、飛行船で東京空の旅、国内初の遊覧運行スタート

ふわ~り、飛行船で東京空の旅、国内初の遊覧運行スタートの情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふわ~り、飛行船で東京空の旅、国内初の遊覧運行スタート

なんと、東京上空300~600mをめぐる約1時間半の空の旅で、
料金が12万6000~16万8000円とのこと。でも、来年1月5日までの運航期間は
ほぼ完売したらしい。

こんなに高いのに、みんなお金持ち!うらやましいよ~
ふわり、ふわ~りって、どんな感覚かなぁ。
私も、チャンスとお金があれば、一度は乗ってみたいなぁ。

日本飛行船

全長約75mとジャンボジェット機より大きい、世界最大の飛行船による東京上空の
遊覧飛行サービスが23日、始まった。埼玉県内の飛行場を離陸し、
池袋、浅草、六本木、渋谷などの上空300~600mをめぐる約1時間半の空の旅だ。
料金が12万6000~16万8000円と ちょっとお高いにもかかわらず、
来年1月5日までの運航期間はほぼ完売したという。
 運航した日本飛行船によると、飛行船による定期遊覧飛行は国内初。
初日のこの日は朝から強風に悩まされ、1日4便の1、2便が運休。
記念すべき初フライトの3便は午後4時30分、定員8人を乗せて離陸した。
夕闇に輝き始めた東京の夜景の上空を、ふんわりと飛んだ。
 東京都日野市の楠元幸恵さん(65)は「雲の上にでも乗ったような不思議な感覚だった。
静かな客室に広がる夜景のすばらしさに感動した」と感想を話した。
企画したJTBによると、来年3月下旬には関西方面での就航を予定しているという。
引用:asahi.com
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。