2007年の「流行語大賞」に納得?

2007年の「流行語大賞」に納得?の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年の「流行語大賞」に納得?

2007年の流行語大賞に「ハニカミ王子」と
「(宮崎を)どげんかせんといかん」が選ばれました。
この結果に納得?(yahoo!意識調査)
(実施期間:2007年12月3日~2007年12月10日)

今のところ、「両方とも納得できない」が49%です(下記)。
私も、同意見です。
うまく表現できないのですが、どちらも活躍され、好感が持てますが、
どう考えても、「流行語」には、程遠い感じがします。

この感じ方は、たぶん、世代によってかなり違うように思います。
私的には、今回は、なんだか、一部の意見だけが反映されたみたいな結果?

選考基準がよく分かりません。。



下記記事引用iza!産経新聞
 この一年の世相を反映し、話題となった言葉に贈られる
「2007ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に3日、
宮崎県の東国原英夫知事の「(宮崎を)どげんかせんといかん」と、
高校生ゴルファー石川遼選手の愛称「ハニカミ王子」が選ばれ、
東京都内で表彰式が行われた。
 受賞理由は、東国原知事が「初当選した知事選で簡明に訴えた
お国言葉のフレーズが宮崎だけでなく日本中の老若男女の琴線に触れた」とされ、
石川選手は「控えめで含羞(がんしゅう)を持った若者が絶滅しつつある中で、
自然で明るく屈託のない独特の表情は日本人にとってノスタルジックな出会いだった」
と評価された。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。