国家公務員に冬のボーナス。昨冬比増だってさ!

国家公務員に冬のボーナス。昨冬比増だってさ!の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国家公務員に冬のボーナス。昨冬比増だってさ!

国の借金(国債)残高は、19年度末で、547兆円!
赤ちゃんを含めた総人口で単純に割ると、
国民一人当たり、約428万円。
そんな厳しい状況下、公務員にボーナス。平均69万6300円。
しかも、昨冬比増。  

日本終わってる。。。(-_-;)

下記記事引用iza!産経新聞
国家公務員ボーナス、平均は約69万6300円
国家公務員に冬のボーナス(期末・勤勉手当)が10日、支給された。一般行政職の国家公務員(管理職を除く。平均年齢34・9歳)の平均支給額は約69万6300円で、平均支給月数は2・345月。今年度の人事院勧告の給与改定で、勤勉手当の年間支給月数が0・05月分引き上げられたことにより、昨年同期と比べ約1万2400円(約1・8%)の増加となった。
特別職の最高額は首相と最高裁長官で、約586万円。ただ今年9月に就任した福田康夫首相の場合、在職期間率30%で計算され、国会議員の期末手当を含め約407万円。衆参両院議長は約554万円、閣僚は約428万円、国会議員は約330万円、各府省事務次官は約343万円。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。